ホクレン・ディスタンスチャレンジ(北海道) 2018深川・士別 記録会報告

7/11の当大会 深川大会および7/14の士別大会に参加した小池でしたが、この記録会を通して 走りをリセットし、更なる飛躍を期待したところ。
そんな記録会を終えた小池からのご報告です。

【小池選手よりのコメント】
7/11の深川は 日本選手権と変わらない結果で、日本選手権の時は1,000mくらいから疲れを感じたのですが今回は 1,600m付近から急に足が動かなくなり、日本選手権の時と同じ様に 踏み込む力が入らない状況に陥りました。
そしてそのままずるずる・・と言った結果でした。

■女子3,000mSC 4位 10:29.13 小池彩加 ( 大和田住宅仙台 宮城 )


7/14の士別は 調子が悪いと判断し、3,000mで臨みました。
スピード練習などの不足は感じていましたので、気負わず走ろうと思っていましたが、意外と体は動き自己ベストを更新することができました。
よかった要因としては、深川のあと400mの走りこみを監督から指示いただき、前日にタイムを気にせず走りこんだこと、前所属チームの時に自己ベストを出したのですが、走りを定着させることを意識し、全体的にフォームも見直したことが自己ベストの更新につながったと思っています。
股関節をもっと使える走り、腹筋もつかい足がちゃんと回転する体づくりがリニューアルしたフォームと共に、この記録につながったと思っています。

■女子3,000m 5位 9:30.65 小池 彩加 ( 大和田住宅仙台 宮城 )

新生?小池彩加の走りに今後ともどうぞご期待とご支援のほど、皆さま よろしくお願いいたします。

第102回 全日本陸上競技選手権大会 を終えてー

6/22(金)~24(日)の3日間に渡り行われた当大会。オリンピック候補の試金石ともなる当大会、3,000mSCで好調な成績が続いた当社 小池でしたが、今回は無念の14位。
今後の展開についてインタビューを行いました。
全日本陸上競技選手権大会 公式HP
前日の調整は調子よかったのですが、本番で力を出し切れなかった(ピーキングが合わなかった)ので悔いの残る大会でした。
アップまでは問題なかったのですが、決勝で走り始めたら足に力が入らず、力が伝わらず思う様な走りができなかったです。
プレッシャーもあったのかもしれません。


次の大会に向けてー
1からリセットします。精神的にも鍛えなおして、まずは世界陸上に選ばれる様にリスタートしたいと思います。
練習の強化はもちろんですが走りを調整するために、北海道で行われるホクレン・ディスタンスチャレンジ2018に参加したいと思います。
自分をリセットし、いい記録を出せる様頑張ります!

全日本陸上競技選手権大会 公式リザルト

第102回 全日本陸上競技選手権に向けてラストスパート!(2018/5/30)

現在、当社に所属しながら練習も真剣に取組んでいます。
6/22~24に山口県で行われる
第102回 全日本陸上競技選手権
を目標に、トップスピードでの走力upと持久力upをさらに強化しています。


有名選手も数多く参加し、日本中のメディアが注目する今大会。
小池もメイン種目3,000m障害での上位入賞を目指し、今日も走り続けます!
皆さま ご声援のほど、何とぞよろしくお願いいたします。

5/19・20(土日)第60回東日本実業団陸上競技選手権に出場!

5/19・20(土日)埼玉県 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われた今大会に参加しました。
第60回東日本実業団陸上競技選手権
メイン種目であるメイン種目である3000SCではなく1500m、5000mにエントリーしました。


【競技結果】
1,500m女子 29位 [1組 17レーン] 4:49.56
5,000m女子 26位 [1組 27レーン] 16:55.59

【小池選手感想】
しっかりとしたランニングフォームで走ることを意識しました。
今大会結果としては振るいませんでしたが今回の経験をいかし次回以降の大会につなげていきたいと思います
6/3(日)仙台大学で行われる 記録会では今選手権の経験も踏まえて、序盤から本番を想定し、早いペース展開を意識して好タイムを出せるよう、頑張って行きたいです!

第66回兵庫リレーカーニバルに小池が出場し見事2位!

先日4/21・22(土日)に行われた 陸上の2018グランプリシリーズ。
兵庫リレーカーニバル
3,000mSC(障害)に出場し、見事2位を獲得しました。
オリンピックへの選考大会でもある当大会で3位以内のため、引続き代表への選出を目指し、これからますます練習に励んでまいります。


【小池選手よりコメント】
大会前日は夏のように暑い日差しだったのですが、当日は23℃位で体感的にはここちよく感じられました。
優勝を狙っていましたが、今回1位の森選手を意識して走っていたのですが、スローペースの展開が続き後半2,000mをすぎてから一気にスパートをかけられ、それに対応しきれず自身の走りができなかったのが今回の課題となりました。
この大会もオリンピックの選考となるグランプリシリーズだったのでまずは圏内の2位を獲ることができ、よかったです。
6月に行われる次の同シリーズの日本選手権で3位以内に入り、かつ好タイムを残せればオリンピックの可能性が見えてきます。
日本選手権は、個々の選手のタイムも重要視される大会なのでスタート直後からハイペースのレース展開になると思います。
スタートからレースを引っ張れるよう走りに磨きをかけてがんばりたいです!

ご挨拶


皆様始めまして!大和田住宅仙台に就職しました陸上競技を行っています小池です。
3,000M障害という種目をメインに陸上競技を行っています。
東北福祉大の陸上競技部所属時、監督が3,000M障害が専門でそれがきっかけでメイン競技としてスタートしました。
私は短距離走がメインだったのですが、筋力や走り方が向いていたようです。
大学4年生時に全日本インカレで3位に入り、日本選手権にも出場しました。



2020年のオリンピックも見据えて頑張っていきたいと思っています。
この会社は とてもファミリー感のある雰囲気ですのでわからないことも多いですが、色々と教えていただき楽しく働かせて頂いています。
走力も必要ですが、生活面やメンタル全てにおいての成長がオリンピックに近づく道だと思っています。
4/22に行われる兵庫リレーカーニバルに出場します。
スポーツと仕事しっかりと両立しながら、頑張っていきます!ご声援よろしくお願いします。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント