ホクレン・ディスタンスチャレンジ(北海道) 2018深川・士別 記録会報告

7/11の当大会 深川大会および7/14の士別大会に参加した小池でしたが、この記録会を通して 走りをリセットし、更なる飛躍を期待したところ。
そんな記録会を終えた小池からのご報告です。

【小池選手よりのコメント】
7/11の深川は 日本選手権と変わらない結果で、日本選手権の時は1,000mくらいから疲れを感じたのですが今回は 1,600m付近から急に足が動かなくなり、日本選手権の時と同じ様に 踏み込む力が入らない状況に陥りました。
そしてそのままずるずる・・と言った結果でした。

■女子3,000m 5位 9:30.65 小池 彩加 ( 大和田住宅仙台 宮城 )


7/14の士別は 調子が悪いと判断し、3,000mSCで臨みました。
スピード練習などの不足は感じていましたので、気負わず走ろうと思っていましたが、意外と体は動き自己ベストを更新することができました。
よかった要因としては、深川のあと400mの走りこみを監督から指示いただき、前日にタイムを気にせず走りこんだこと、前所属チームの時に自己ベストを出したのですが、走りを定着させることを意識し、全体的にフォームも見直したことが自己ベストの更新につながったと思っています。
股関節をもっと使える走り、腹筋もつかい足がちゃんと回転する体づくりがリニューアルしたフォームと共に、この記録につながったと思っています。

■女子3,000mSC 4位 10:29.13 小池彩加 ( 大和田住宅仙台 宮城 )

新生?小池彩加の走りに今後ともどうぞご期待とご支援のほど、皆さま よろしくお願いいたします。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント