2018年12月07日

来年に向けて 小池選手の今ー

気づけばあっという間に冬を向かえ、今年も様々な大会・記録会に挑んだ小池選手にお話を伺いました。

今年を振り返ってどうでしたか?>
宮城に戻り大和田住宅仙台所属となり、まず選手としての環境もがらりと変わり、慣れない日々も続きましたが、大会に向けてはしっかりと調整できた1年だったと思います。
しかし大会当日 結果が出せない。イメージ通りの走りができなかった一年でした。


今後克服する点は?>
今年の夏からフォームを直しようやく定着してきた気がします。
おかげさまで9/21~23に行われた
第66回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会では
3位 10:15.53のTIMEを出すことができました。
やっと監督と私のイメージがマッチした走りができるようになり、レースを想定した事細かな練習の結果が出せた大会だったと思います。


TIME的にはどうですか?>
日本選手権の時も普通に走れば10:10を切れるイメージはあったのですが、まわりの雰囲気やプレッシャーに負け集中にかけた点が成績を残せなかった原因だと考えています。
実業団選手権では、全てを自分に集中し、メンタル面を変えたことで、TIMEにもつながったと考えています。
今の状態を保ちつつ、来年のスケジュールもすでに決め先を見据えてがんばっていきたいです。
来年4月に行われる兵庫リレーカーニバルで 10:00を切るTIMEを目指します。
しかしオリンピックを目指すとなると、世界も見据えて日本記録である09:33を目指してがんばって行きたいです。

今後の小池選手の活躍に どうぞあたたかいご声援をお願いいたします。
今年もありがとうございました!